黄変抜き

しみや汚れは放置しておくと酸化して黄変(黄ばみ)します。黄変はとても頑固なため、丸洗いやしみ抜きでは落とせません。漂白作用のある薬品を使用して黄変を抜きますが、生地の色も共に抜けてしまいます。そこに色を掛けて、地色と同色に仕上げる高度な技術を必要とする修正です。


黄変抜きの流れ

タンスから取り出したら黄変が…   薬品を使って黄変を抜くと
地色まで抜けてしまいます
  でも安心、高度な色掛け
技術で元通りに
  完成

「黄変直し」のできない一例・襦袢と裏地(八掛・羽二重生地)・・・生地が薄く、染めの堅ろう性が低いため
・生地が古く(脆化して)弱っているもの
・黄変が進みすぎたもの(焼け焦げのような茶褐色に変色したもの)
・色掛けによって復元できないもの・・・先染め生地・細かい柄模様(江戸小紋・鮫小紋など)


PREV