紋入れ

お手持ちの着物や、新品の着物への紋入れを行います。また紋の入れ替えや、縫い紋、華紋などもお受けております。

1.入紋

黒留、喪服の石持(白く抜かれている所)の中に型紋を入れていきます。紋鑑・紋典に出ている紋は全て加工出来ます。

2.抜紋

色留袖、無地のきもの等は石持がない為、抜染剤を型抜きに摺り込み、地色を抜きます(男物の大判紋も含む)。

3.縫紋

コンピューターソフトによる精度の高いミシン縫いです。ケシ縫い、カゲスガ縫いは紋鑑・紋典に出ている紋は全てできます。手縫いではスガ縫い、コマスガ縫い、花紋(加賀紋)等があります。

代表的な縫い紋

けし縫い
芥子粒を散らしたような縫い方 
一般的に広く使われる
蛇腹縫い
撚(よ)りの強い糸を用いて糸目を粗く斜めにあらわしてかがるもの あまり使わない
まつり縫い
けし縫いよりも線を強調した縫い方 陰紋
すが縫い
布目に沿って糸を通し、刺繍のように紋の全部を縫いこむもの
陰すが縫い
すが縫いの陰紋
まつり縫いよりも線が強調される
さがら縫い
布表面に結び玉を作り刺す方法 立体的

加賀紋

松竹梅 その1 松竹梅 その2 松竹梅 その3
松竹梅 その4 秋ノ花 桜ノ枝丸
蘭ノ丸 藤に蝶 松に藤
花ノ丸 梅に鶯 浪に千鳥

4.摺込紋

顔料(胡粉)を摺り込む方式の紋で、男児祝着に多く見られます。

5.ゴフン仕上

紋の入れ替え等で紋が落ちない場合や紋が黄変している時に、その上からゴフン(胡粉)で型入れを行います。紋が通常の白と違い、真っ白く仕上がります。

6.摺込上絵

抜紋で抜けない場合に地色の所にそのまま白の顔料(胡粉)を摺り込んで、地を白くし、その上から特殊インクで上絵を摺り込む方法です。

白の顔料で摺り込む   その上から上絵を入れる
PREV